遺伝子分析科学認定士試験 初級・一級・更新共通

2021年 申請書類ダウンロード 

3月15日のサーバーメンテナンスに伴いホームページの閲覧が1~2時間程度できなくなります。(2月24日)

【メンテナンス日時】  2021年3月15日(月) 14:00 〜17:00 の間で、1〜2時間程度  

 それに伴い、認定試験の申請書類ダウンロード、刊行物の申込み等が1〜2時間程度停止しますのでご注意ください。

   提出書類名 様式番号
初級試験   一級試験   初級更新  一級更新 
 1)

 願書

 1-1 学生用願書  *作成見本
 *欄外の注意事項を確認すること
 1-2 社会人用願書  *作成見本

 

1次受付番号が分からない方は

以下リンクから確認してください。

 登録情報確認

 1-3
作成見本

 1-4
作成見本
 2)  申請書提出用封筒ラベル 願書と一緒に印刷される
 3) 論文、著書、学会、講演申告書  2-1   2-1(一級更新)
 4) 学会参加申告書  2-2   2-2(一級更新)
 5) 講習会・研修会参加申告書  2-3   2-3(一級更新)
 6)  学術セミナー参加申告書 2-4   2-4(一級更新)
 7) 教育活動申告書  2-5   2-5(一級更新)
 8)  申告証明書用台紙 2-6   
 9) 単位申請書・チェックシート 

2-7 

単位記入例(初級、一級)

2-7(初級・一級更新) 

単位記入例(初級・一級更新)

  振込、写真、返信用封筒 受験料振込、申請書類について 
*願書作成時の注意(学生):試験合格者には5年後に更新のお知らせをメール送信しますので、メールアドレスは学校のものではなく、卒業後にも使用できるものを登録してください。1次受付で学校のメールを登録した方は、願書作成時に変更してください。
 

作成上の注意事項

3)~8)は必要な書類を印刷する。申請する事項がない書類は提出しなくてよい。
受験に必要な50単位を満たせばそれ以上の記載は必要ない。
添付する業績は年代の古い順に揃え、提出書類の「貼付資料の通し番号」と同じ番号を付す。
学会参加証、出席証明書等は様式2-6に貼付し、提出書類と同じ整理番号を付す。
証明書類は以下の通り。いずれもコピーで可。
記載内容に不備や不明な点がある場合は、資格審査委員会から改めて説明を求めることがある。 
願書フォームに入力して送信しただけでは願書提出とはならない。願書とその他の必要書類は送付する。書類が到着すると到着メールが自動配信される。
消せるボールペンは保管や郵送中に消えることがあるため、使用しない。 
切手は郵送中にはがれやすいため、スティックのりで貼らない。
証明書類
種 別 詳 細 提出方法
論文・著書 別刷りまたはタイトルや申請者名の分かる頁 添付同封
学会等発表 抄録またはタイトルや申請者名の分かる頁 添付同封
学会等参加 参加証、出席証明書(日臨技生涯教育研修記録可)
企業関係者は学会当日の領収書(日付記載)でも可
申告証明書用台紙
(様式 2-6)に貼付
学術セミナー 参加証明書
【例1】LAMP研究会:各自で研究会事務局にメールし証明書発行を依頼する。
【例2】PCR感染症検査研修会:領収証が参加証明書となる。
申告証明書用台紙
(様式 2-6)に貼付
履修証明書  初級試験。履修した科目がわかる証明であればよい(初級試験のみ)。 添付同封
一級指定研修 更新年以前に受講した場合、修了証のコピー(更新試験)。 添付同封

 

◎ お身体が不自由な受験者へのお願い

  会場移動などの関係上、提出書類と一緒に御身体の状態を連絡していただければ大変助かります。
  ご協力をお願いいたします。

このページのトップに戻る▲

2021年 初級・一級指定研修

 

初級指定研修

日 時:6月19日(土)13:30~17:00 (受付開始 13:00)の予定

会 場:東京近郊の予定

内 容:準備中

 

◆ 初級試験の方
  • 学生は受講が必須です。
  • 学生は指定研修受講(20単位)が必須なので分子生物関連科目を6科目履修(30単位)していれば受験資格の50単位となります。  
  • 社会人で単位が不足の方は受講で20単位加算されます。  
  • 受講が必要な方には受験票送付時にご連絡します。  
  • 社会人で受講の必要ない方は任意で受講可能です。希望者は当日受験票を持って会場にお越しください。

 

■ 一級指定研修

日時:6月19日(土)8:55~12:00 (受付開始 8:30)の予定

会 場:東京近郊の予定

内 容:準備中

 

◆ 一級試験の方
  • 一級試験受験の方は、最新の情報を得て資格取得に臨む観点から、受験する年の一級指定研修は必須です。
  • 一級指定研修受講(20単位)が必須となので、他で30単位取得していれば受験資格の50単位となります。
◆ 更新(初級・一級)の方
  • 更新の方は一級指定研修は必須ではありません。
  • 単位が不足の方は受講することで単位となります(初級20単位、一級10単位)。何度受講しても単位は加算されませんのでご注意ください。
  • 来年以降に更新を迎える方で今年受講希望する場合は下記フォームより事前登録をしてください。受講終了後に修了証をお渡しますので、更新申請時にコピーを提出してください。

  事前登録 準備中

   * 今年更新の方は願書に記入欄があるので事前登録は不要です。
   * 一級受験者(一級更新以外)は指定研修は必須となります。事前登録は不要です。   

このページのトップに戻る▲

 

 

2020年 初級・一級指定研修

 

初級指定研修

日 時:10月31日(土)13:30~17:00 (受付開始 13:00)

会 場:東武医学技術専門学校(埼玉県さいたま市岩槻区)

 *受付時間前に建物にお入りいただくことはできませんので到着時間にはご配慮ください。

内 容:初級指定研修プログラム 

◆ 初級試験の方
  • 学生は受講が必須です。
  • 学生は指定研修受講(20単位)が必須なので分子生物関連科目を6科目履修(30単位)していれば受験資格の50単位となります。  
  • 社会人で単位が不足の方は受講で20単位加算されます。  
  • 受講が必要な方には受験票送付時にご連絡します。  
  • 社会人で受講の必要ない方は任意で受講可能です。希望者は当日受験票を持って会場にお越しください。

 

■ 一級指定研修

日時:10月31日(土)8:55~12:00 (受付開始 8:30)

場所:東武医学技術専門学校(埼玉県さいたま市岩槻区)

 *受付時間前に建物にお入りいただくことはできませんので到着時間にはご配慮ください。

内容:一級指定研修プログラム 

◆ 一級試験の方
  • 一級試験受験の方は、最新の情報を得て資格取得に臨む観点から、受験する年の一級指定研修は必須です。
  • 一級指定研修受講(20単位)が必須となので、他で30単位取得していれば受験資格の50単位となります。
◆ 更新(初級・一級)の方
  • 更新の方は一級指定研修は必須ではありません。
  • 単位が不足の方は受講することで単位となります(初級20単位、一級10単位)。何度受講しても単位は加算されませんのでご注意ください。
  • 来年以降に更新を迎える方で受講希望者は下記フォームより事前登録をしてください。受講終了後に修了証をお渡しますので、更新申請時にコピーを提出してください。

  事前登録 2020年は終了

   * 今年更新の方は願書に記入欄があるので事前登録は不要です。
   * 一級受験者(一級更新以外)は指定研修は必須となります。事前登録は不要です。   

このページのトップに戻る▲

遺伝子分析科学認定士 合格率


初級 合格率

試験年 出願者 欠席者 受験者 合格者 合格率(%)
第1回 2007年(平成19年) 132 4 128 103 80.5
第2回 2008年(平成20年) 120 0 120 83 69.2
第3回 2009年(平成21年) 96 3 93 64 68.8
第4回 2010年(平成22年) 106 4 102 78 76.5
第5回 2011年(平成23年) 111 4 107 70 65.4
第6回 2012年(平成24年) 96 4 92 61 66.3
第7回 2013年(平成25年) 88 3 85 55 64.7
第8回 2014年(平成26年) 124 1 123 80 65.0
第9回 2015年(平成27年) 120 1 119 90 75.6
第10回 2016年(平成28年) 197 2 195 142 72.8
第11回 2017年(平成29年) 144 1 143 104 72.7
第12回 2018年(平成30年) 248 8 240 180 75.0
第13回 2019年(令和1年) 294 7 287 211 73.5
第14回 2020年(令和2年) 120 4 116 82 70.7
第1回~第14回   1998 46 1950 1403 71.9

初級合格者数と合格率(グラフ)

一級 合格率

試験年 出願者 欠席者 受験者 合格者 合格率(%)
第1回 2012年(平成24年) 32 1 31 6 19.4
第2回 2013年(平成25年)

8

0 8 2 25.0
第3回 2014年(平成26年) 16 1 15 2 13.3
第4回 2015年(平成27年) 7 1 6 2 33.3
第5回 2016年(平成28年) 6 0 6 3 50.0
第6回 2017年(平成29年) 7 1 6 3 50.0
第7回 2018年(平成30年) 9 1 8 4 50.0
第8回 2019年(令和1年) 7 0 7 1 14.3
第9回 2020年(令和2年) 5 0 5 3 60.0
第1回~第9回   97 5 92 26 28.3
 

一級遺伝子分析科学認定士 合格者


合格者の皆様おめでとうございます。合格者は「緒方富雄賞」贈呈式において記念品が贈呈されます。

皆様のますますのご活躍を祈念いたします。 (敬称略)

 

■ 2020年(令和2年) (第9回) 3名

松本 久幸 神戸大学医学部附属病院検査部
福應 温 純真学園大学検査科学科
雨宮 健司 山梨県立中央病院ゲノム解析センター

 

■ 2019年(令和1年) (第8回) 1名

酒井 栄一 栄研化学株式会社

 

■ 2018年(平成30年) (第7回) 4名

三浦 茜 国立成育医療研究センター成育遺伝研究部
宮下 大地 群馬大学医学部附属病院検査部
古川 聖美 信州大学医学部附属病院臨床検査部
森 沙耶香 長崎大学病院検査部


 合格者一覧

このページのトップに戻る▲



合格者への記念品贈呈 (於 「緒方富雄賞」贈呈式)

2019年合格者(2019年11月30日 贈呈)
左から宮地理事長、酒井様

 

 

 

緒方富雄賞

 

合格者への記念品

 

2018年合格者(2018年11月25日 贈呈)
左から三浦様、宮下様、森様、宮地理事長

2017年合格者(2017年11月26日 贈呈)
左から宮地理事長、浅井様、佐藤様、道又様

このページのトップに戻る▲