遺伝子分析科学認定士更新試験 初級・一級

 

 

お知らせ

 2020年の更新試験は9~11月を目途に延期になりました。日程等決まり次第ご案内します

   >お知らせ一覧

 

2020年(初級・一級)更新試験案内

受験申請の手引き  2020年初級更新   2020年一級更新
一級指定研修  日 程: 準備中
会 場: 都内 予定
試験日程 日 程: 準備中
 e-ラーニング
出題基準   初級 出題基準   一級 出題基準
受験料 11,000円(税込)
* 審査の結果受験資格が満たされなかった場合、受験料は返金する。
* 審査が通った後の受験料は返金しない。
書類の提出

申請書類ページより願書を作成し、必要な書類とともに申請期間内に送付する。

 願書作成 : 2020年2月3日(月)13:00〜 3月25日(水)

 申請期間 : 2020年3月13日(金)〜 3月25日(水)消印有効

 申請書類ページへ 
認定登録更新 認定証発行手数料 : 3,300円(税込)
* 試験に合格した者は遺伝子分析科学認定士(初級)、一級遺伝子分析科学認定士として
認定登録更新される。
認定証発行手数料を納付後に認定証を交付する。
更新の猶予申請

 申請により資格の更新を猶予することができる。

 猶予申請ページ
変更届

氏名、現住所、勤務先、メールアドレスに変更が生じた場合は変更届を提出する。

 試験願書変更ページ
参考図書  刊行物ページ 
 
このページのトップに戻る▲

2020年更新試験(e-ラーニング)準備中

 
 必ず下記の更新試験(e-ラーニング)の手引きを確認後に受験を開始してください。

準備中 日程が決まり次第掲載します。


更新試験(e-ラーニング)の手引き

1. 更新試験
   受験期間:
   
2. ID・パスワード
   ◆ e-ラーニング受験に必要なIDおよびパスワードは郵送にて送付する。 
   ◆ ID・パスワードの有効期間は発行された年の指定期間まで。
   
3. 推奨ブラウザ
   Internet Explorer 11以降、Microsoft Edge、Google Chrome、Mozilla FireFox、Safari 
   【注意】chromeを利用の場合、ID/パスワードを入力後にログインしにくい場合がある。(chrome特有の事象)
   その場合は、Ctrl(コントロール)キーとF5キーを同時に押す。
   もしくはリフレッシュボタン(更新)をクリックしログインし直す。
   
4. 受験の流れ
 (1) 「受験開始」ボタンをクリックすると、受験ID、パスワード確認画面が表示される。  
(2) 受験ID、パスワードが認証されると、試験問題が表示される。
(3) 試験問題は10問。最後に「解答」をクリックすると採点画面が表示される。
*10問すべてに正解しないと合格にはならない。解答に30分以上かかると自動的にログアウトされ、不合格になる。
(4) 全問正解でない場合は、[再受験]ボタンをクリックして試験をやり直す。当日再受験しない場合は「ログアウト」し、後日[受験開始]ボタンから再度始める。 全問正解まで何度でも受験できる。
 (5) 10題すべてに正解すると「10問中10問正解」と表示され、解説が表示される。
 (6) 解説ページの最下部「終了」ボタンをクリックすると「アンケート調査へのご協力のお願い」に進むのでご協力をお願いします。
   
5. 試験合格後の手続き
  *認定証発行手数料の納付をもって更新となる。料金を納付しないと更新されない。
  認定証発行手数料(3,300円)を合格後1ヶ月以内に振込む。
  振込はID・パスワードに同封されている振込用紙を使用して郵便局から振込む。
  ・ 認定証は10月に送付予定。
  ・ 認定証は振込用紙に記載された住所に送付する。
  ・ 振込用紙を紛失した場合は下記へ振込む。
  振込口座を掲載する 
   
6. 合格者名簿の掲載
  合格者名簿を、当法人の「通信」秋季号に掲載する。掲載情報は「氏名」「勤務県」のみ。
* 掲載に不同意の方は、指定期日までにメールにてご連絡ください。

 

このページのトップに戻る▲

更新の猶予

 申請により資格の更新を猶予することができる。猶予できる人は次の通りとし、証明書類を添えて申請をする。

 猶予の可否は試験委員会で審議の上決定される。
 

・ 申請者は本人であること。
・ 申請は1 年ごとに行い、猶予可能期間は原則として2 年までとする。
・ 申請書の提出時期は更新申請受付日から認定証の有効期限までとする。
・ 猶予期間中は遺伝子分析科学認定士(初級)、一級遺伝子分析科学認定士の称号が使用できないうえ、更新後の認定証の有効期間は
    5年から延長期間を引いた年数に短縮される。
・ 長期療養・海外在留の期間は6ヶ月以上、育児休暇
・ 長期離職の期間は1年以上を原則とする。
・ 表記以外の理由の申請については試験委員会で検討する。

申請により登録期間が猶予できる理由と必要とする証明書類
 理 由   証 明 証
 長期療養(休業を伴うもの)  医師の診断書
 海外出張または在留  勤務先施設長・派遣団体責任者の証明書 
 育児休暇、介護休暇  勤務先施設長の証明書
 長期離職(進学を含む)  原因の主たる事業者の証明書 
 不測事故・事象  証明する書類 


申請方法


申請書類をダウンロードし、申請書、返信用封筒1枚(84円切手を貼る)を同封し、願書申請期間内に提出する。

更新猶予申請書  

郵送先:〒101-0054 千代田区神田錦町1-13 宝栄錦町ビル201 
   日本臨床検査同学院同学院 試験係 「更新猶予申請書在中」

このページのトップに戻る▲

更新について


 遺伝子分析科学認定士は更新制となっています。更新を希望される方は5年ごとに登録の更新申請が必要です。

 ・ 更新対象者には更新年の前年10月頃と更新年の2月頃の2回メールにて更新のお知らせを送信します。メールアドレスは、5年前の受験時にご登録いただいたものです。届いていない場合は登録事項変更届よりメールアドレスの変更をお願いいたします。
 ・ 下記表にて、ご自身の更新該当の年をご確認ください。更新までの期間に単位取得に努めてください。
 ・ 詳細については、トップページより「一級更新試験」「初級更新試験」の項目で確認してください。


初級取得年と更新年


   取得年 認定番号(MA) 1回目更新年  2回目更新年  3回目更新年
第1回 2007年(平成19年) 1~103 終了 終了 2022年
第2回 2008年(平成20年) 104~186 終了 終了 2023年
第3回 2009年(平成21年) 187~250 終了 終了 2024年
第4回 2020年更新該当者 2010年(平成22年) 251~328 終了 2020年 2025年
第5回 2011年(平成23年) 329~398 終了 2021年 2026年
第6回 2012年(平成24年) 399~459 終了 2022年 2027年
第7回 2013年(平成25年) 460~514 終了 2023年 2028年
第8回 2014年(平成26年) 515~594 終了 2024年 2029年
第9回 2020年更新該当者 2015年(平成27年) 595~684 2020年 2025年  
第10回 2016年(平成28年) 685~826 2021年 2026年  
第11回 2017年(平成29年) 827~930 2022年 2027年  
第12回 2018年(平成30年) 931~1110 2023年 2028年  
第13回 2019年(令和1年) 1111~1321 2024年 2029年  



一級取得年と更新年


   取得年 認定番号(MAS) 1回目更新年  2回目更新年
第1回 2012年(平成24年) 1~6 終了 2022年
第2回 2013年(平成25年) 7~8 終了 2023年
第3回 2014年(平成26年) 9~10 終了 2024年
第4回 2020年更新該当者 2015年(平成27年) 11~12 2020年 2025年
第5回 2016年(平成28年) 13~15 2021年 2026年
第6回 2017年(平成29年) 16~18 2022年 2027年
第7回 2018年(平成30年) 19~22 2023年 2028年
第8回 2019年(令和1年) 23 2024年 2029年


このページのトップに戻る▲