一級遺伝子分析科学認定士試験



 

お知らせ

受験料振込について(4月12日)

資格審査が終了しましたので、受験可能な方には受験料振込のメールをお送りしました。

期間内に受験料をお振込みください。

・受験料振込期間 4月12日(月)~4月23日(金)

 受験料振込方法

 

 遺伝子分析科学認定士資格認定試験の単位が取得できる学術セミナーの開催案内(2月3日、2月9日)

 1.第41回PCR感染症検査研究会 主催

「実際どうなの? 新型コロナウイルス検査」~臨床検査技師のタテマエとホンネ~

・日 時 :2021年3月12日(金)18:30~20:00

・参加方法:Zoomによるライブ配信

詳 細

 

2.LAMP研究会 主催

2020年度LAMP研究会 特別講演

・オンデマンド配信期間:2021年2月26日(金)~4月26日(月)

・演題: COVID-19 の臨床

演者:大曲 貴夫 先生(国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター長)

・演題: SARS-CoV-2 に対する病原体核酸増幅検査と精度保証

演者:石井 良和 先生(東邦大学医学部 微生物・感染症学講座 教授) 

詳 細

 

*参加証明書などのお問合せは主催者にお願いします。

■ 参加による単位

・一級試験: 5単位

 

2021年受験申請の手引きを掲載しました。(2月2日)

 

   >お知らせ一覧

 

 

2021年 試験案内

詳細は決まり次第掲載します。

新型コロナウイルス感染症の状況により日程が変更されることがあります。

受験予定者へ  2021年受験予定者のみなさんに  受験の確認事項 新型コロナウイルス感染症対策について  
受験申請の手引き  一級手引き 
受験資格

一級遺伝子分析科学認定士の受験申請をする者は、(1)~(4)のすべてを満たさなければならない。

(1) 遺伝子分析科学認定士(初級)試験合格後、5年を経た者。

(2) 遺伝子分析科学認定士(初級)の資格を継続して有している者。

(3) 遺伝子分析科学認定士資格認定試験細則第2条の資格審査基準として5年間で50単位以上を取得した者。

(4) 実務経験を3年以上有する者。なお、実務経験は、分子生物学関連の検査、研究、教育、技術指 導の実務に限る。

 表1、表2(表1:単位換算表、表2:分子生物学関連の科目、学部・学科、学会、学術セミナー、学会主催の教育活動の例)

 

■ 下記に該当する者は2021年当法人が行う全ての試験を受験できない。

・2020年の試験を無断欠席した方(全ての試験)。

・2020年二級・緊急試験の1次受付で受験可能となった後、連絡なく願書を提出しなかった方。

 2021年の試験を受験できない方一覧

一級指定研修 

日 程: 6月19日(土)8:55~12:00 (受付開始 8:30) の予定 指定研修ページ

試験日程 日 程: 6月19日(土)の予定
会 場 東京近郊の予定
出題基準  出題基準  
受験料

27,500円(税込)
* 審査の結果受験資格が満たされなかった場合、受験料は返金する。
* 審査が通った後の受験料は返金しない。

注)2021年に限り受験料の振込の開始は後日連絡します。願書提出時には振り込まないでください。

書類の提出

申請書類ページより願書を作成し、必要な書類とともに書類提出期間内に送付する。

 願書作成期間 : 2月10日(水)13:00〜 3月20日(土)(厳守)

 書類提出期間 : 3月10日(水)〜 3月2日(月)(消印有効) 

 申請書類ページ   
登録・認定証

試験に合格した者は遺伝子分析科学認定士(初級)として登録される。認定証発行手数料を納付後、認定証を発行する。

 認定証発行手数料 : 5,500円(税込) 

本資格認定は更新制とする。認定の更新を希望する者は5年ごとに更新試験を受験しなければならない。
認定登録の更新 初級更新年に一級試験を受験し、試験に不合格または欠席した場合は初級更新が必要となる。
 ・ 更新試験を指定された期間内に受験する。
 ・ 更新申請書類の提出、更新申請料は不要(一級試験願書が初級更新も兼ねるため)。
 ・ 初級更新試験に合格し、認定発行手数料を納付しないと認定士の称号がなくなる。
変更届

氏名、現住所、勤務先、メールアドレスに変更が生じた場合は変更届を提出する。

 試験願書変更届ページ
参考図書  刊行物ページ 

 

 

このページのトップに戻る▲