二級臨床検査士試験

 

お知らせ

 

2023年試験に関するお知らせ

 

■ 認定証の送付は12月頃を予定しています。

 

■ 新型コロナウイルス感染症が感染症法の5類に移行するに伴い、同学院事業に関わる感染対策について改定しました。(5月22日)

 新型コロナウイルス感染症対策について

 

■ 交通機関の遅延・運休、地震・大雨等天災の際の対応

 

 お知らせ一覧

 

2023年 試験案内 

2023年の試験は終了しました

受験予定者へ

 2023年受験予定のみなさんに (理事長より) 受験の確認事項 

受験申請の手引き  2023年手引き
受験資格

(1) 臨床検査技師国家試験に合格し、すでに登録を終えて、臨床検査技師の資格を有する方。
(2) 願書提出時に、その職歴について所属長等の証明書を提出できる方。
上記(1) 、(2) の両条件を満たす方。

■ 下記に該当する方は2023年当法人が行う全ての試験を受験できない。

・2022年の試験を無断欠席した方(全ての試験)。

・2022年1次受付で受験可能となった後、連絡なく願書を提出しなかった方(二級・緊急・遺伝子・POCT試験)。

 2023年の試験を受験できない方一覧

試験日程

2023年6月~8月の土曜日、日曜日

*コロナ感染症の状況によっては秋以降に移行する場合もあります。

*詳細は 日程・会場ページ 
出題基準 

微生物学  病理学  臨床化学  血液学  免疫血清学  

循環生理学  神経生理学  呼吸生理学

受験料 27,500円(税込)
1次受付

2023年1月16日(月)0:00~1月31日(火)23:59 

* 詳細、受付は 1次受付ページ 終了しました

書類の提出

1次受付を行い、受験可能の連絡を受けた者のみ申請書類の提出ができる。  

申請書類ページより願書を作成し、必要な書類とともに申請期間内に送付する。

 申請期間 : 2022年2月15日(水)~2月25日(土)消印有効、厳守

* 繰上対象者の期日は個別に通知する。

 申請書類ページ
登録・認定証

試験委員会で決定された合格者に対して認定を行う。認定証発行手数料を納付後、認定証を発行する。

 認定証発行手数料 : 3,300円(税込) 
変更届

氏名、現住所、勤務先、メールアドレスに変更が生じた場合は変更届を必ず提出する。

 試験願書変更届ページ
参考図書  刊行物ページ

試験当日交通機関の遅延や運休により試験に間に合わない場合

 交通機関の大幅な遅延や運休による影響があった場合は、各会場案内に記載されている「当日の連絡先」に連絡してください。連絡が取れない場合は事務局に連絡してください。また、交通機関から遅延、運休等の証明書を必ず受け取ってください。受験できなかった場合の対応は後日、試験委員会で対応が決定次第連絡します。

 

このページのトップに戻る▲

1次受付 登録情報確認 繰 上

 

 

2023年 1次受付 終了

 

 

1次受付

1.手順を確認  1次受付~抽選結果配信 

2.1次受付フォームに入力  1次受付フォーム(二級試験) 終了しました

受付期間:2023年1月16日(月)0:00~1月31日(火)23:59 

  

*1次受付登録内容の確認や変更は「登録情報確認」から行う。

 

 

登録情報確認

「登録情報確認」より登録内容の確認や受験の辞退連絡ができる。

     登録情報確認

このページのトップに戻る▲

2023年 繰 上 

 

辞退者がでた会場は繰上(1次受付時間順)を行う。

繰上の連絡はメールでのお知らせと「繰上状況」に1次受付番号を掲載する。

1.繰上連絡を受けたら回答期日までに「受験する・しない」を 登録情報確認 より回答する。

 * 回答期日までに回答しなかった場合、繰上は無効となる。

 * メールでの回答は受付不可。

 * 辞退を行うと1次受付の登録が削除される。

2.受験する場合、申請書類を願書提出期日までに提出する。  申請書類ページ 

 * 願書提出期日は「登録情報確認」で確認できる。

 

注)以下の場合は必ず「登録情報確認」より辞退連絡を行う。

 * 回答期限までに回答しなかった場合。

 * 書類提出期限までに書類を提出しなかった場合。

 辞退連絡がなかった場合、翌年の日本臨床検査同学院が行う全ての試験を受験できない。 

繰上状況

 

繰上状況(二級試験) 4月5日 終了しました

このページのトップに戻る▲

 

2023年 申請書類

提出期間 2023年2月15日(水)~2月25日(土)消印有効 終了

 

1.願 書

 (様式1-1)

① 願書作成時の注意事項を先に確認し、1次受付番号、免許証番号等の必要な情報を手元に用意する。

 *願書作成に時間がかかると願書が作成できない場合がある。 

 作成時注意事項  願書見本 

② 願書作成フォームに入力し、送信すると「願書」と「封筒ラベル」が作成できる。

③ ダウンロード、保存、印刷する。

 *送信しただけでは申請書類提出とならない。

 *願書と封筒ラベルは1組になっているので、2回以上作成した場合は必ず同じ組のものを送る。

 願書作成フォーム 終了しました。

2.写 真 2枚

 受験料振込、申請書類について、チェックシート

3.返信用封筒 2枚
4.臨床検査技師免許証のコピー

5.チェックシート、

  受験料振込受領証のコピー

 (様式2-1)


 ◎ お身体が不自由な受験者へのお願い
   受験資格制限はありませんが、会場移動などの関係上、申請書類の提出と一緒に御身体の状態を連絡していただければ大変助かります。
  ご協力をお願いいたします。

2023年 試験日程 ・ 会場

科目によっては集合時間、場所等が異なる場合があります。対象の科目は「グループ」の項目にリンクを掲載します。

微生物学、病理学、血液学 東日本の会場は選択できません。

 

会場・日程は予定のため、変更になる場合があります。

■ 西日本循環生理学の試験会場が変更になりました。(7月4日)

 変更前:新梅田研修センター → 変更後:日本医療学院専門学校

■ 西日本臨床化学の試験会場が変更になりました。(4月18日)

 変更前:倉敷芸術科学大学 → 変更後:川崎医療福祉大学

■ 循環生理学の試験日程が変更になりました。(2月14日)

 変更前:7月22日、23日 → 変更後:7月29日、30日

科 目 日程 東日本会場 西日本会場
会 場 出願者数 グループ 会 場 出願者数 グループ
微生物学

7月17日(月)

終 了

 1.東洋公衆衛生学院

 2.杏林大学井の頭

1.72

2.64

会場

 1.関西医療大学

 2.熊本保健科学大学

1.96

2.59

病理学 9月16日~18日(土~月)

 1.杏林大学井の頭

 2.埼玉県立大学

1.104

2.109

会場・実技日程

 京都保健衛生専門学校

88 実技日程
臨床化学

9月3日(日)

終 了

 文京学院大学本郷

108  

 川崎医療福祉大学

77  
血液学

8月12日、13日(土、日)

終 了

 1.帝京大学板橋

 2.東京医学技術専門学校

1.120

2.120

A、B

 森ノ宮医療大学

120 グループ
免疫血清学 

6月25日(日)

終 了

 東京工科大学蒲田

154 A、B
循環生理学

7月29日、30日(土、日)

終 了

 日本光電工業㈱本社

100 A、B  日本医療学院専門学校 65 A、B
神経生理学

7月15日、16日(土、日)

終 了

 杏林大学井の頭 40 グループ
呼吸生理学

7月23日(日)

終 了

 東京医学技術専門学校 80

 

■ 交通機関の遅延や運休により試験に間に合わない場合

交通機関の大幅な遅延や運休による影響があった場合は、各会場案内に記載されている「当日の連絡先」に連絡してください。連絡が取れない場合は事務局に連絡してください。また、交通機関から遅延、運休等の証明書を必ず受け取ってください。受験できなかった場合の対応は後日、試験委員会で対応が決定次第連絡します。

 

■ 地震・台風等の天災が起こった際の対応

中止や開始時間の遅れがある場合はHP(トップページ)に掲載します。欠航、運休等で受験会場に向かえない場合は事務局までご連絡ください。また、交通機関から遅延、運休等の証明書を必ずもらうようにしてください。受験できなかった場合の対応は後日、試験委員会で対応が決定次第連絡します。

 

このページのトップに戻る▲

合格率

2023年(第109回)二級臨床検査士資格認定試験 

科 目 東西 出願者 受験者 合格者 合格率
(%)
欠席者
微生物学 136 131 57 43.5 5
西 155 150 82 54.7 5
病理学 213 206 122 59.2 7
西 88 84 42 50.0 4
臨床化学 108 99 50 50.5 9
西 77 74 47 63.5 3
血液学 240 225 139 61.8 15
西 120 116 81 69.8 4
免疫血清学 154 146 96 65.8 8
循環生理学 100 96 64 66.7 4
西 65 62 53 85.5 3
神経生理学 40 35 25 71.4 5
呼吸生理学 80 74 47 63.5 6
1071 1012 600 59.3 59
西 505 486 305 62.8 19
合 計 1,576 1,498 905 60.4 78

 *途中棄権者は受験者人数に含む。

 

 

2022年(第108回)二級臨床検査士資格認定試験

科 目 東西 出願者 受験者 合格者 合格率
(%)
欠席者
微生物学 171 160 107 66.9 11
西 136 128 85 66.4 8
病理学 166 158 93 58.9 8
西 90 85 53 62.4 5
臨床化学 100 88 44 50.0 12
西 72 64 38 59.4 8
血液学 240 220 136 61.8 20
西 120 114 73 64.0 6
免疫血清学 140 135 77 57.0 5
循環生理学 100 94 64 68.1 6
西 71 64 53 73.7 7
神経生理学 40 38 26 68.4 2
呼吸生理学 80 72 45 62.5 8
1,083 965 592 61.3 73
西 489 455 302 66.4 34
合 計 1,527 1,420 894 63.0 107

 *途中棄権者は受験者人数に含む。

 

 

1954年(昭和29年)〜2023年(令和5年) 第1回〜第109回までの累計
科 目 東日本 西日本 東西合計
受験者 合格者

合格率

(%)

受験者 合格者

合格率

(%)

受験者 合格者

合格率

(%)

 微生物学 7,513 4,505 60.0 2,982 1,617 54.2 10,495 6,122 58.3
 病理学 7,988 5,204 65.1 2,737 1,660 60.7 10,725 6,864 64.0
 臨床化学 7,328 4,230 57.7 3,030 1,529 50.5 10,358 5,759 55.6
 血液学 11,829 6,842 57.8 4,893 2,668 54.5 16,722 9,510 56.9
 免疫血清学 6,649 3,716 55.9 419 239 57.0 7,068 3,955 56.0
 循環生理学 5,611 3,843 68.5 2,495 1,718 68.9 8,106 5,561 68.6
 神経生理学 3,063 1,426 46.6 38 20 52.6 3,101 1,446 46.6
 呼吸生理学 2,440 1,718 70.4 32 26 81.3 2,472 1,744 70.6
合 計 52,421 31,484 60.1 16,626 9,477 57.0 69,047 40,961 59.3

* 西日本試験の実施に関して

 免疫血清学は1966年〜73年、神経生理学は1966年、呼吸生理学は1966年、1973年〜75年に西日本で実施。現在は東日本のみで開催。


◆ 受験者と合格者の推移(グラフ) 
 2000年(平成12年)〜2023年(令和5年) 
このページのトップに戻る▲